FC2ブログ

いへいた

2019/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 関内へ出張の帰りです。あちらこちらでその名を目にすることが多い有名店です。官庁街の一角に目立たないようにあるお店です。正午ぴったりに行きましたが座れました。

 前金制、店主さんはお若そうです。丁寧な接客です。麺を浅目の鍋で茹でていたのが目に付きました。



 蘊蓄や注意事項がやたらあります。メニューの種類も超多彩、迷いに迷います。冷麺などの限定にも心奪われたのですが、最終的に『潤(うるおい)塩拉麺』をいただきました。シンプルなビジュアルの塩ラーメンです。

 麺は細く縮れたもの。あまり感激はありませんでした。量は多くは無いのですが不思議とお腹には貯まった感じがします。



 スープは地鶏とイワシの出汁です。なるほどイワシの風味がかなり強く口の中に残ります。塩ダレも非常に切れがありガツンと主張してきます。



 ほとんどレンゲの赤に溶けこんでしまう透明なスープですが、重層で重厚な味わいがあります。イワシが主役、鶏が脇役としっかり住み分けられたスープです。

 こだわりであるというチャーシューですがホロホロです。まあ、旨いといったら旨いんですがインパクトはあまり無いです。上質な肉だと言われればそれはわかります。



 あとはシンプルなメンマ、ネギ、海苔。

 グレードの高いラーメン屋さんであることは確かなんですが、相模原ラーメンに慣れてしまっている私にはばちが当たるかも知れませんが、やや上品過ぎて率直に言ってよくわかりませんでした。

 帰りには待ち客がいるくらい混んできました。さすがです!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanke.blog113.fc2.com/tb.php/896-10ed52e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。