FC2ブログ

いへいたのラーメンブログ

けっこう更新してます。

2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索

 ここんとこ「実話&がんばるシリーズ」ばっかり見ていますが、そういう感情に枯渇しているのでしょうね。(笑)まあ、心が豊かになるという点ではいいことだと思っています。

 この映画もやられました。ラストシーンで「シムソンズはソルトレイクオリンピックに参加した」とあり、その映像がエンドロ-ルとなります。こぼれんばかりの笑顔の4人です。見終わってからこのことを知りました。オリンピックでの試合は大きく負け越し、予選敗退だったそうですが、この作品は普通の女子高生がそういう高みまで上がったというサクセスストーリーにも見れるわけです。

 スポーツは「勝って何ぼ」ではなく「楽しめること」が大切であるということをこの作品の映像は何度も何度も語りかけてきます。そこにはそのスポーツを始めるようになったきっかけが大きなウェイトをしめています。

 主役のうちの一人の子が、仲たがいによって勉強部屋に閉じこもってしまった仲間を家の外から呼び続け「私を見つけてくれてありがとう」と叫ぶシーンは象徴的でした。カーリングというチームプレーを必要とされる競技だからこそこの帰属性は培われていくのでしょう。

 勝利を求めていったり、究極のオリンピックに出るなどという話は決して生易しいことではないことは誰でも知っていることなのですが、それでもスポーツは明るく楽しく、見ている人を元気にしてくれるものであるべきだという強いメッセージを感じました。

 加藤ローサはじめ4人の演技も瑞々しくて元気をもらえました。大泉(?)コーチはちょっとくさかったかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanke.blog113.fc2.com/tb.php/878-cb739a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック