FC2ブログ

いへいたのラーメンブログ

けっこう更新してます。

2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
あまりに感動したので、フジテレビのメールフォームに以下を送ってしまいました。(笑)

 って、まじによかったっすよ。視聴率どれくらいだったんだろ。(昨年のクリ約以来)

 番組HPはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
 不安はありながらも、希望を心に携え、困難に立ち向かっていく子供たちのひたむきな表情と、それを温かく見つめる多くの大人の視線に涙が止まりませんでした。ラストシーンのあまりに劇的な結末に何年振りかに激しく心を揺さぶられました。

 今朝の朝日新聞の番組欄のレビューで見て興味を持ち実際に見てみて、まさしく多くを語る必要のない美しくも崇高な映像に共感しました。ナレーションのマネージャーさんの淡々としていながらも、心に響いてくる語り口もよかったです。

 近年まれにみる秀作だと思います。製作者、関係者の視点に感謝します。

 再放送、もしくは子供を育てる環境にある多くの関係者に見ていただきたいと強く思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下もフジテレビから


企画意図


バッターボックスの祈り 2007年3月25日。「能登半島地震」。震度6強。石川県・門前町を直撃。押しつぶされた家々。言葉を失った町の人々…。日本で最も過疎化と高齢化の進んでいる町が、声をあげて、泣いた。その、落胆と、絶望の町の中を、胸を張って駆け抜けていく少女たちがいる。町にある唯一の高校、石川県立、門前高校。「女子ソフトボール部」の若者たち。地震で被災してから、わずか2週間後…まだ傷跡が深く残る高校のグランドに、彼女たちは立った。練習再開。悲嘆にくれる町中に、突然、女子高校生たちの明るい掛け声が響き渡った。それが、再生と復興の物語の始まりだった――。
 道しるべなき時代。自殺する人が、12年連続で、年間、3万人を超えている。 先進国の中でも、突出した自殺率。混迷を続ける日本――。膝を抱え、立ちすくんでいる全国の人々…。



コーチ 道ますみ先生 今年。2010年。世界中が大きく揺れ、日本が「挫折」した年だった。人々の心の奥底に、溢れるほどの涙がにじんでいる。これから私たちは、どこへ向かえばいいのか…。何を信じて、進んでいけばいいのか……。 
 “失われた20年”を経て、この時代を生きている日本の若者たちが、今、声を潜めて泣き崩れている。
 未来へ向かうための“明日への希望”を、この番組に託したい。ささやかな、テレビの使命として。




制作背景


監督 室谷妙子先生 2006年。日本海に面した、石川県、奥能登。能登半島の先端に位置する小さな町…、門前町。その過疎の進む寂れた町に、たった1校だけある県立高校。石川県立門前高等学校。
 私たち取材スタッフは、何の変哲もない、その高校生たちの群像を、長期にわたって記録することを始めていた。この小さな町の高校の、「女子ソフトボール部」に視座の主軸を据えながら。
 そのときの番組制作に向かう「企画意図」は、日本の地方で生きている高校生たちの群像を、ただ淡々と記録し、取材撮影を進めていく中で、最終的に、全国の視聴者の皆さんへ透徹した普遍性のあるテーマを贈るドキュメンタリー番組を目指す…。何か、強い確信めいたものがあって取材撮影を始めたわけではなく、ありのままの若者たちの群像を、できるだけ、ただ丁寧にすくい続けようとだけ考えていた。これは、かつて制作したドキュメンタリー番組、『白線流し』、そして『桜の花の咲く頃に』と全く同じ制作手法で、“先に何も起こらない”ことをあえて前提にして臨むドキュメンタリー制作スタイルだった。見つめ続け、記録し続ける中から、自然と浮かび上がり湧き上がってくる情景を最終的に番組として放送する…、そうした覚悟をもって臨む制作手法を、今回も採っていた。



門前高校卒業式 極めて平穏な日々の、門前町の人々の暮らしや、門前高校の若者たちの姿を、私たちは記録していた。そこには、普通の日常が流れ、日本中のどこにでもありふれている、人々のかけがえのない営みや生きている姿があって…、そして奥能登の厳しくも美しい自然が撮影テープに大量に収められていっていた。
 そして…。信じられないことが起こった――。2007年3月25日。「能登半島地震」発生。震度6強。取材先を直撃した。平穏な情景が、一瞬にして崩れ、私たちは、その瞬間を、現場で“目撃”した。
 ドキュメンタリー制作をしていて、こんなことが、起こり得るのだろうか――。カメラに映し込まれる映像は、その瞬間から、変わった。私たちは震えながら取材し、震えながら撮影を続けた。人々の「絶望」が幾重にも重なった。その悲しみに、私たちは声をかけることをしない、と心に決めた。
 不思議な感覚だった。町の人々の「絶望」が、今の日本の「挫折」と重なるように思えた。ここから、“希望の匂い”を、どう探ればいいのか…。この状況から、そんなことが、できるのだろうか…。
 2007年、春。私たちはぼうぜんとした思いで、震えながら、奥能登の崩れた海岸に立ちすくんでいた。

横山隆晴プロデューサーコメント(フジテレビ)
「今年、2010年は、政治、経済、社会、外交…、日本にとってつらい年になりました。多くの人々が自信を失い、若い世代の自殺は小学生にまで及んでいます。人間の喜怒哀楽の前提である“平和”が揺れ、“絶望”が“希望”をはるかに凌駕する状況の中で年が暮れようとしています。しかし、私たち日本人の原風景は今もしっかりとあって、それを私たちが少しだけ忘れているのかもしれません。石川県・奥能登。ひたむきに生きている高校生たちがいて、それを懸命に支えようとしている大人がいます。今の日本で展開している、特殊ではないフツーの人々の情景です。不安、自信喪失、暗く沈む今年の年末に、全国の皆さんへこの番組を贈ります。“希望の匂い”…、感じながら、新しい年へ…。」

今村亮ディレクターコメント(石川テレビ)
「門前町、門前高校、そして女子ソフトボール部を取材していく中で、監督の室谷先生、コーチの道先生の生徒を思う気持ちや教師としての在り方、そして生徒たちの生き生きとした表情や姿に胸打たれました。私は能登半島・七尾市の出身。取材先の門前町までは車で1時間ほどの近さです。故郷に生きる人々の優しさ、温かさ、そして他者を思いやる気持ち…。故郷から、人々から、多くのことを教えられながらの番組制作でした。この番組を見てくださる視聴者の皆さん、とりわけ私と同じ若い世代の皆さんが、生きていくのに難しい時代ではありますけれど、社会に、人々に、そして自分に絶望することに“待った”をかけ、明日へ向かってくれることを願っています。」


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanke.blog113.fc2.com/tb.php/1655-04937431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック