FC2ブログ

いへいたのラーメンブログ

けっこう更新してます。

2020/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
20071114130716


 「二郎インスパイア」という言葉はラーメン二郎のコンセプト、テイストを盛り込んだラーメンを出すお店のことをいいますが、近場では淵野辺の「学」はまさにその典型なのでしょう。

 昨日は大野「二郎」まで行くのに失念していた所、「厚木にあるぎょうてん屋で二郎インスパイアラーメンがメニューにある」という情報を目にし、30分以上遠征して行ってきました。中毒性がある二郎リアンとして感情がこみ上げてきました。途中国道沿いの「小林家」「厚木家」と要チェックのお店を素通りして、ともに駐車場が空いていたので後ろ髪を引かれました。

 大きな国道412が246に合流する交差点近くにあります。店の前の道路はバイパスで広いです。駐車場は20台以上はありますね。お店は横に非常に長いカウンターです。

 もとは豚骨醤油の「亜家系」のお店のようですが、「ラーメンぎ郎」が主流になっているようです。「豚キムチぎ郎」や「ぎ郎大食いチャレンジ」などもあり「汁なし」もできるようです。

 「ぎ郎」を頼んでいる人は多くはなかったですね。「大橋製麺」の箱が店内に見えました。

 前回「学」で体重を増やしてしまった反省から今日は50円安い「ぎ郎ライト」にしました。食券提出時に「ニンニク入れますか?」とお馴染に聞かれます。「ニンニク入れ、野菜少し増し」と頼みました。麺が太いので茹で時間がかなりかかり、ラーメンが出されるまでかなり待ちました。

 出てきたラーメンは「おぉ、二郎だっ」と思わず。

 麺はライトにして正解でした。野菜はゆで具合絶妙でした。麺は太く、よくスープを吸います。肝心のスープですは甘めですが、テイストはあります。ニンニクと油のブレンド具合は本家を忠実に再現しています。
 「豚」、チャーシューは一枚ですが歯ごたえ、風味ともに満足度は高いです。スープは無理なく完飲でき、食後の胸焼けなどもありませんでした。

 次回こそは本家の店に行き「ジロリアン」へ向け邁進します。

 帰り道はあまりに好天で、川沿いの道は最高のドライブになりました。圏央道の工場、あまら進んでませんね。開通は10年以上後ですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanke.blog113.fc2.com/tb.php/143-3705a2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック