いへいた

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 島田作品の主要なキャラクターである御手洗潔のデビュー作です。占星術師の役柄です。何らかの外力により記憶を失なった男が、いともたやすく若い女とのささやかな生活を手に入れるのですが、そこには張り巡らされた幾重のも罠があります。

 主人公の男が、繰り返される突拍子もない出来事に取り乱し混乱していく様子が非常に生々しいです。ひょっとしたら自分は妻子を殺してそのショックで記憶を無くしてしまったのではないかと錯乱する描写がリアルです。名前が思い出せないことでアイデンテティを失っていく様子には身震いを覚えます。前半は島田作品とは思えないようなラブストーリーが繰り広げられます。

 後半は一転して怒涛の推理劇が展開されます。様々な登場人物が次から次とエピソードを重ねてゆくのでぶ厚いストーリー展開です。ラストに向けては切なさに心が揺らされますが主人公の独白形式のなかで読んでいる方も自然と感情移入されていき収まるところへ気持ちは治まります。

 読む本の在庫が切れました。これからは新作中心にしてみようかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanke.blog113.fc2.com/tb.php/1271-e5db3955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。