「いへいた」ブログの『夢の後先』

2013/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 子供の取り違えという重いテーマの、最初から最後まで「じとっ」とした空気の流れる作品です。海老名の映画館でしたが、客層はほぼ中高年オンリー、しかもご高齢の方が半分以上だったような気がします。

 予告編映像を良く見返してみたのですが、鑑賞した後だとここでの登場人物の一言一言が「ずしり」と心に響きます。ドラマの肝となるセリフが上手く配置されています。特に「お前に似てくる」という夏八木さんの一言。

 各俳優陣が個性を放っていると強く感じました。まるでこの人たちの性格や生きざまは、そのまま作中のキャラクターのように錯覚してしまいます。その時点で作り手としては成功作なのではないでしょうか。

 家庭というのは誰にも必ずあるわけで、この映画はその普遍的なテーマに正面切って挑んでいます。見ているものは典型的な2つのパターンの家庭を並べて、そこを健気に行き来する子供の心を自分自身に投射していきます。

 幼い時のちょっとした出来事(餃子を早いもの勝ちで食べたり)は「あ、これうちでもあったあった」と感じます。まるでデジャヴュような見ていて不思議な映画でした。

 なにより、自分は父親なので作中に結構な至近距離で、毛穴がみあえるくらいに描写されていた幼い息子の肌の感触。(見た目ですが)これが超リアルでした。今までの父親としての子育て、子供との距離感は間違ってなかったと思え、救われています。

 ラストシーンは私はそれぞれ二人の子供は「育ての親」のことろに戻ったと解釈しています。この結論が監督が訴えたかったこの映画の主題なんだろうと思いたいです。

 5月のカンヌ国際映画祭で、日本映画26年ぶりとなる審査員賞に輝きましたが、今度はハリウッドでリメークが決まったそうです。名作の予感はします。
スポンサーサイト


 ASDKSの2冊目かな。一日10分。で、長い間読み過ぎちゃったのでかなりだれました。一流ホテルのフロントクラークである気の強い女性と、連続殺人事件の捜査に当たる若き刑事とのラブロマンスです。

 正直事件の決着は「あ・え?そうなの」ってとこです。ひねってはありますがあっさり解決します。そこへ至るまでの群像劇です。主人公二人の自分の仕事に懸ける真摯な態度には読んでいて爽快感を覚えます。

 どうせなら「くっついちゃえばいいにのに」と下衆な考えを抱くにおは私だけでしょうか?(笑)

 次は新作描き下ろしを読んでます。これは震災も扱っていて面白そう。加賀恭一郎ものです。





[自由軒@相模原 西門通り]の続きを読む



[二代目梅家@本厚木]の続きを読む



[たぬきラーメン@相模原 上溝]の続きを読む




[中村屋@海老名]の続きを読む


 昨日フらげしました。私が行ったのは2日目でしたが、初日の「ネオスターゲイト」半端ないです。生バンドも最高。

でもって好きな曲である「仮想ディストピア」のこのYOUTUBE。



 最高です。このギターの絡み、震えます。

 今週末は休みなのでじっくり6枚見たいと思います。


 あまちゃん、8月の頭になって見始めてます。先日の台風の連休中に時間があり余るほどできたので、第一話から見ています。

 ググると中国のサイトで全話見ることができるんですよね。

 そもそも主人公のあきは、東京の中高一貫の女子高の何の個性もない子だったんですね。最初は海女に憧れ、次はアイドルに憧れ。興味や関心は行ったり来たりしています

 高校2・3年生のこの時期に将来の自分を模索する姿が、親としての自分リアルに感じることができます。海女としてもちっともウニを採ることができなかったり、アイドルになってもずっこけばっかりで、なかなか上手く行かなかったり。でもその不器用な生き方が日本中の多くの人からの共感を得てるのでしょう。

 小ネタでの笑いも散りばめられています。時々流れる80年代のヒット曲映像には、リアルで20代を過ごした私たち世代には懐かしさを通り越して郷愁さえ覚えます。

 笑ったのは天野家の朝食で秋がトーストの上に鯵の干物を乗っけて食べているところですね。

 今週は最終週になります。今日は同級生(玉川大学卒)の鈴鹿ひろみこと薬師丸ひろ子の「潮騒のメモリー」には泣きました。(笑)

 登場人物一人ひとりに物語があって、それが細くても強い糸でつながっている。そんなテレビの中の温かい風景が心をつかむのでしょう。なんでだか、知らず知らずに引き込まれていきました。

 今週の土曜日、日本中がこの美しいドラマで描かている日本人が持っている「心の原風景」に心を洗われるでしょうね。 明るい未来は自分たちの手で「今ここで」作っていかなければいけないという勇気を持っていきたいものです。


[甲子家@横浜 霧が丘]の続きを読む



[二郎めじろ台法政大学前店]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。