FC2ブログ

いへいたのラーメンブログ

けっこう更新してます。

2012/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索


 今年度初映画です。流石にお盆の日曜日、話題作ということであまり普段の客が入らないMOVIX橋本もかなりの客入りでした。家族連れがやはり多いですね。

 レビューを投稿しました。

 レビューによって評価がまちまちな作品なのですが、私は楽しめました。時折うるっときました。作品全体はアニメながらのファンタジーです。何より画像の美しさに心奪われます。疾走感があり、かつ子供たちの愛らしさも十分に伝わってきます。

 狼男と恋に落ち、結婚する東京都下の某国立大学生の花。彼女の通う某大学の正門が私の母校に限りなく近い描写でした。しかも狼男の彼の免許証の住所が国分寺って。私そこに下宿してましたよ。(笑)

 狼の血を持つ子供を育てる環境を求めて、一家が田舎で暮らすところは「トトロ」を連想させます。田園風景の描写は大変美しく、BGMとも上手くマッチしていて郷愁を誘います。そこで暮らすややおせっかいな人々との交流は「北の国から」っぽいかな。ラスト近くの教室での告白のシーンは「時をかける少女」の深町和夫を連想させます。

 様々な作品を想起させる、私にとってはとってもノスタルジーを感じる映画でした。

 子を持つ親がいつかは必ず迎えるであろう子の一人立ち。これが主題です。宮崎あおいの抑えた声が、一生懸命、健気に子育てをする母親「そら」の心情を繊細に表現していたと思いました。

 子供は親の思いとは関係なく、自分で自分の世界をみつけ出し歩き始めるという、自分が若いころは確かにそうしてきたであろうことですが、親にとっては何か切ない感情にどっぷりつかれました。

 間違いなく今年の話題作だと思います。必見です。

 



[三田製麺所@町田 小山]の続きを読む