いへいた

ブログ内検索

[おくりびと@TBS]の続きを読む

[初代一国堂@相模原 中央]の続きを読む

[東京大勝軒@小田原]の続きを読む
080928_2208~0001
[快笑小説@東野圭吾]の続きを読む

[ぎょうてん屋@海老名]の続きを読む

[毒笑小説:東野圭吾]の続きを読む

[小川流@相模原 相原]の続きを読む
 今日、生放送でミスチルの「GIFT」「HANABI」「イノセントワールド」をやっていました。めったに無いことですので、かぶりついて見ちゃいました。



で「HANABI」の詩です

『どれくらいの値打ちがあるだろう? 僕が今生きてるこの世界
すべてが無意味だって思える ちょっと疲れてんのかな

手に入れたもん引き換えにして 切り捨てた いくつもの輝き
いちいち憂いでいれるほど 平和な世の中じゃない

いったいどんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問い掛けは 日常に飲まれて

君がいたらなんて言うかな?「暗い」と茶化して笑うのかな?
そのやわらかな笑顔に触れて この憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることの出来ない 花火のような光だとしたって
もう一回、もう一回 僕はこの手を伸ばしたい
誰も皆 悲しみを抱いてる だけど素敵な明日を願ってる
臆病風に吹かれて 波風が立った世界を どれだけ愛することができるだろう

考えすぎて言葉に詰まる 自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に振る舞う 自分がそれ以上にキライ
笑っていても泣いて過ごしても 平等に時は流れ
未来が僕らを呼んでいる その声は今君にも聞こえていますか?

「さよなら」って答えを聞くことを 最初から分かっていたとしたって
もう一回、もう一回 何度でも君に会いたい
君といられることでこんなに 世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑った
君に心から「ありがとう」を言おう

滞らないように 揺れて流れて 透き通っている水のような心であれたら

会いたくなった時の分まで 寂しくなった時の分だって
もう一回、もう一回 君を強く焼き付けたい

誰もが問題を抱えている だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風が立った世界を どれだけ愛することができるだろう
もう一回、もう一回 』

[学@淵野辺]の続きを読む
 
[麺屋 五鉄@小田原 西酒匂]の続きを読む