上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071030125215


 2回目になります。前回が夏休みでしたのですんなり入れたのですが、今日は11:20には11の席が満席で4人待ちでした。私のあとにも10人は並んでました。すぐ近くにどでかい青山学院大学があるのですから、講義の合間の学生達にとっては腹ごしらえタイムは開店直後になるわけですよね。

 てなワケで満席で「カシャ」ってのも目立つし、マスターの目の前に座ってしまったので今日は画像は店の外観を。と思ったら、黄色い看板にピントが合いません。携帯がロースペックなのはこういうときに困りますね。

 二郎系のお店のルールですが、出来上がると「○○番目のお客様、にんにく入れますか?」のコールに答えることにより無料トッピングを決めることになります。皆さん要領を得ていてテキパキ答えます。私は「ニンニク少し、野菜少し」と答えました。相模大野の二郎のときは店の雰囲気に飲まれ緊張しますが、こちらはそんなことはありません。ところが、マスターから「野菜ははじめから小なのか?」との質問が。「少し増し」でと答えなおしまして、これが正しいコールです。そう言わないと標準の野菜の量から減ってしまうわけですね。うぅん難しい。

 野菜を増してしまったことにより、ただでさえ300gの「小ラーメン」でも後半きつくなってしまいました。まるでうどんのような太麺ですが、歯ごたえとスープの絡みは抜群です。ニンニクは無いとやはり寂しいですね。これは今日は成功でしたね。チャーシューは二郎系のお店では「豚」と呼びます。少し脂身が目立ちましたが、柔らかく上品な味わいがあります。野菜はガツガツ食いました。今日必要な栄養素をかなり昼に摂取しましたね。500g分位の運動をしないと。

 二郎については、東京の三田で創設者が学生のために始めたお店であるなど色々勉強しました。「ジロリアン」への道を歩み始めます。

 画像はトレーニングをしているグリーンプールのトレーニングルームです。ベンチプレスをします。35k、10回3セット。
スポンサーサイト
20071029152905


行幸道路に面した相武台前駅最寄りの店です。前から三月の座間駅伝の帰りに気になっていたお店です。ばりばりの九州豚骨のお店です。店内には気合いの入った木製の看板が飾られています。太麺と細麺が選べます。おすすめは「麺にスープが絡む」という細麺とありました。

お店はいつも渋滞している大きな道路沿いですが、店の前に三台分の駐車場があります。「きんかラーメン、もやし、太麺」を頂きました。豚骨細麺は定石なんでしょうが、敢えて太くしました。価格帯に幅があり高くなると旨みが加わるという、なかなかな料金設定です。

スープはぎとぎとではなく、むしろ甘みがあります。世界三代ハムの「金華ハム」の出汁に豚骨頭を合わせたものだそうで、太麺にもちゃんと絡みます。チャーシューは肉厚なものが一枚、歯ごたえはありますが風味は今一つかな?もやし、木耳、ネギはしっかりと腹に貯まります。

厚木と町田に支店があるそうで、人気店なのですね。美味しかったです。色々食べてみたいです。アクセスが微妙ですが。

20071028193141


 以前格安で美味しいラーメン屋さんとして訪問しましたが、今日は夕飯を頂きに来ました。駅前なので電車の時間ピッタリまで食べていられる便利さがあります。日曜日なので
家族連れで満席でした。入れない人までいました。このお店の地域での人気の高さを物語ります。

 定番「野菜炒めライス」を頂きました。中華のメニューはこれだけで、あとはラーメン中心のお店ですね。マスターがねじり鉢巻でせっせと注目の対応に追われています。評論するつもりはありません。美味しいし量もたっぷりです。

 帰りの電車を待つホームに入り、息を飲みました。単線のプラットフォームの目の前は民家、その横は開発分譲地です。奥には「おぼろ月」です。あまりに「カントリー」な美しい風景を目の当たりし、そこに突然飛び込んできた相模線の車両に思わずシャッターを切りました。

相模線沿線は「田園」と呼ぶにふさわしいところです。
200710272019032


20071027201903


 知人の披露宴、二次会に昼から参加しました。写真は新婦の手作りのケーキです。陸上をともにしてきた先生の結婚式でした。暖かみのある、印象に残る式でした。年のせいか涙腺も弛んでしまいました。

 会場が相模大野のセンチュリーホテルでしたので台風でしたが、はじめはすぐ近くの「二郎」を目指したのですが残念ながら閉まってました。臨時休業でしょうか?

 このお店は以前「相模原ラー麺ワールド」にありました。かつてこの場所は「むつみ屋」があったところです。むつみ屋は今はあちこちで閉店してますね。博多の屋台ラーメンのお店です。店内は「古き良きアメリカ」のような作りです。BGMもその時代のものです。大量に麺の入った袋が店内に山積みされています。「黒ラーメン」を頂きました。ベースの博多豚骨ラーメンにマー油がたっぷりと浮いていて黒いです。細麺は歯ごたえはありスープもよく絡んできます。チャーシューが薄いので物足りなかったのですが、味はいいです。

 博多ラーメンどこに行ってもそうなのですが、私にとっては量的に微妙で、替え玉しないで今日は帰りました。

20071025132404
東池袋大勝軒の流れをくむ市内人気店です。いつもは行列店ですが、幸い正午に入れました。駐車場は近くの立体駐車場が使えます。ここは数年前の開店直後に一度来ましたが、お恥ずかしながらその時はつけ麺の何たるかを知らない時期で、記憶が飛んでいます。

店内にはカツオ節の良い香りが立ちこめます。若い店長さんが池袋のお店の前で取られた趣のある写真が飾られています。店はカウンター越しの厨房がガラス張りで清潔感があります。

「つけ麺並」を頂きました。「ううん」と唸りました。美味しくない店には行かないし、旨そうなものを選んで食べるので当たり前ですが、「これこそつけ麺か」という感じです。

太ストレート麺は歯ごたえとスープの絡みが抜群です。魚系出汁は家系などの風味とは違い、万人に受け入れられる庶民的なテイストです。メンマはコリコリで極太です。チャーシューは少ないですが、ジュワっと味覚に訴えてくるものです。

今日はあまり沢山食べれないコンディ
 地元のFM局があるのですが、昼の対談のゲストが、親の立場から様々な活動をされている方の番組を偶然車の中で聞きました。「高3の娘は陸上部」「顧問の先生に頂いた3年間で7冊の練習日誌への熱いメッセージ」「勉強時間は減ったが、何ものにも代え難い貴重な経験をした」など次々に「えっ?」という内容でした。

 出会いは高校の説明会で誘われ入学を決心したこと、同学年の同性部員が自分しか居ない中での地道でハードな練習に心が折れそうなとき、仲間や監督の熱い思いに支えられて最後までやり遂げたこと。そして結びは「自分は今何をしなければいけないかを、自ら考えることができる力」がついたこと。

 早速思い当たる方が居たので確認しましたら、やはりずばりでした。改めてスポーツのもたらす、人の成長に関わる大きな役割を痛感しました。

あまりにリアルな内容でしたので、シーンが目の前に浮かびました。
20071024120931

毎度の店ですが2ちゃんで「ネギ味噌」が旨いとの記事があり、食してみました。昼前には家族連れなどで満席です。「オニオンラーメン」などメニューは豊富です。「蒲鉾ラーメン」もあります。

味噌ダレは厨房に「ラーメンショップ味噌ダレ」の缶がありました。フランチャイズなのでなかなか安定した味で旨いです。胡麻が利いてますね。今月20食目です。体重は維持できてます。ラーメンは健康的な食べ物ですよ。

明日は地元で「おやじ」か「大勝軒」にいきまっしょい。

20071023124252


 職場至近、「いしとみ」のすぐ近くです。カウンターだけの10人ほどのお店ですが、常に満席です。ラーメンの種類も多く、ご夫婦と娘さんで営まれています。「北斗メン」を頂きました。

 麺は細ストレートで柔らかい茹で具合です。つるつるとそばのように入ります。ネギ、水菜、細切りチャーシューと盛りだくさんです。健康的です。スープはオーソドックスな醤油味で、沢山入っている生姜スライスがぴりぴりと効いてきます。ブラックペッパーも大量でスープは飲み干せませんでした。

 15種類以上のラーメンがあります。徐々に制覇していきたいです。料金は少し高めに感じました。
 玉屋


 知る人のみぞ知ることですが、ドラマの中の主演の二人が食堂で食事中のシーンに使われているのは県立体育センターです。だからなんだといえばそれだけのことですが、先週気付いて今日クレジットで確認できました。レトロな雰囲気の大学の学食というイメージに合ったのでしょう。いい感じを醸し出しています。

 このドラマなかなか面白いです。著名な作家の原作ですが「古畑任三郎」を彷彿とさせます。後半の謎解きまで怒涛の展開です。主演2人も私にとっては個性派で魅力があります。福山はラジオを聞いていたこともあり好きなんですよね。柴咲コウは歌が好きです。主題歌も2人のユニットですね。

 先週の「ドリームアゲイン」もいい感じでした。

 今後に期待です





20071022122047

 月曜休みの店が多いなかで営業しています。先週木曜に来たら休みでしたので再訪しました。2回目になります。駐車場は店の横に2台あります。店の前面は派手な黄色で目立ちます。周辺には綺麗に花が生けられていて家庭的な雰囲気です。

 おかみさんと息子さんでしょうか、二人で切り盛りされています。お母さんが色々息子さんに教えている感じで。家系ですが、太麺と細麺が選べるというのが珍しいです。

 「野菜ラーメンを太麺」で頂きました。スープはしっかりとした豚骨醤油ですが、癖がなくおいしいです。麺は大橋製麺製らしいです。太くて腰もそこそこ、スープとよく絡みます。ほうれん草ではなくて野沢菜(?)とネギ、しっかりとした歯ごたえのチャーシューにさらに野菜炒めが乗ります。味玉を「今日最初のお客さんだからサービス」と入れてくれました。超半熟でした。ありがとうございました。

 野菜炒めの胡椒がスープに溶け出し後半微妙な味になりましたが、十分満腹、満喫しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。