いへいた

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070831121658
銀行帰りはここが定番になりました。バター、ゴマは何か気乗りしなくてワカメ増しにランチサービスの味たまを頂きました。正午過ぎなので混んでました。地元では人気店なんでしょう。

基本的に前回食べたのと中身は同じです。今週は月曜日から夏休みをとったため、昼はずっとラーメンで本望です。

これ以上太らないために休日の運動をしるという、誠にいいサイクルができあがりつつあります。ヾ(≧∇≦*)〃
スポンサーサイト
日本勢が芳しくないという表現を通り越しておかしいです。朝日新聞の社説にありましたが、今大会は世界のレベルが客観的に見て高いようです。自己新なしということも少し情けないです。今、800mで横田がようやく自己記録を出しましたが、それだけです。

今までの五輪などでもこのようなことは無かったのではないでしょうか。それも20台後半の大人のアスリート達が一つのアイデンティティを作りながら挑んできたプロセスがあります。我々その上の世代にとっても、そのことは陸上人口確保に向けての前向きな取り組みであると頼もしく感じていました。自己ベスト更新若しくはそれに近い記録で初めて勝負の舞台にようやく立てるというレベルの厳しい戦いに弾き飛ばされています。端的にいえば日本の陸上はまだまだ課題山積です。まだ終わって無いのですが、陸連の総括はどのようなものになるか注目です。過剰な地元開催の期待が大きな原因なのでしょうか。

期待の沢野は最悪の結果になりました。

せめて四継のバトンだけはしっかり繋いで欲しいものです。
20070830134142
財布の中に1200円しか入れて無いまま気がつかないで出かけ、注文してからあわてて「ネギ」を外し「チャーシュー麺」に変えました。自宅至近の八王子ラーメンのお店です。店内は非常に綺麗です。ご夫婦が忙しく働いていられます。旦那さんが麺の茹で具合を指で一本一本丁寧に見られる姿と、「ウッ」と声の出る力の入った湯切りが印象的です。「薬味の玉葱が濃い口醤油を引き立たせる」と店内に貼ってあります。これが八王子ラーメンの定義だそうです。確かにスープは色が濃いですが、トッピングされた微塵切りの玉葱が微妙にマッチして、ほんのりとした甘味を醸し出します。チャーシューも歯ごたえがあります。

店の暖簾には「眠々」と書いてあり、マスターが東京の日野市にある行列店の出身だそうです。



様々な噂で「れんげが無い」「メール含め携帯禁止」「マスターが怖い」とありましたが、全くそんなとこありませんでした。「無駄撮影禁止」とありましたので、「撮っていいですか」と言い出す勇気は湧きませんでした。帰りに店の外観だけを撮ってきました。骨が吊してあるのが開店の標なのです。

大将は「髭の逆さ親父」みたいな風貌でしたが、帰りに器をカウンターに上げたら「助かりまぁす」て言ってくれましたし、奥さんらしき方は偉い丁寧な対応で、帰りの支払いを細かい額で済ませたところ、またもや「助かりまぁす」でした。奥さんの趣味でしょうかお勘定場にはKittyちゃんgoodsが並べられています。

メニューは張り出してあるものだけだと思っていたらつけ麺、カレーつけ麺を頼んで居る人がいました。客が食べれるものを知るには常連さんにならなければいけないかなとヾ(≧∇≦*)〃

食べたのは「醤油ラーメン」です。メンマ、チャーシュー一枚、刻みネギだけのシンプルなものですが、さすがの拘りです。魚介系の風味を感じ少ししょっぱいのですが、爽やかな舌触りです。麺は細縮れでやたらと黄色いです。歯ごたえがあり、ゆで具合は絶妙です。


20070829102549
記事を消してしまいました。足跡ですので画像だけ貼ります。

昼間の世陸、金丸のいきなりの肉離れには驚きました。地元開催でまさに「故郷に錦」だったのに、無念はひとしおでしょう。

日本勢ですが、今のところ吉報は聞かれません。沢野、末続に過剰な期待がかからないといいのですが。
20070828152631220070828152631
「風と花」を目指しましたが、休みでした。たどり着いたのは清新中近くのファミレスみたいな大規模店です。店員の振る舞いや雰囲気がどこか「餃子の王将」みたいかなと。カウンターの椅子は固定されていて身動き取れません。フランチャイズのようなメニュー表です。以前来たときにはもっと多くの種類があったと記憶しているのですが、シンプルな品揃えに変えたのでしょうか?季節限定のメニューがありましたが、ケバケバしくてやめました。

私は「ネギラーメン」息子は「ラーメン」です。気のせいかなぁ、辛いです。息子の食べたラーメンのスープにはトッピングに野沢菜?です。ううん(;・д・)

カウンターの目の前にザーサイなど無料トッピングが沢山あります。ラーメンを味わうにはなんか落ち着かないです。それでも「究極ラーメン」をうたっていて、休日は行列店なんですよね。個人的にはイマイチでした。
20070827132230220070827132230
矢部にある小さなお店です。ダイクマを少し淵野辺に向かい右側です。二回目です。紹介本にも掲載されています。若い店主さんが一人で回しています。そのためどうしても待ちますね。誰か雇えばいいのになと。

前来たときの印象はグッドでした。実は淵野辺の「大石家」を目指したのですが、何と7/21から9/6までの夏休みということでした。釣りに行っているのでしょう。

私は「味噌ネギ」息子は「醤油ラーメン」を食べました。スープは豚のげんこつと鳥をべースに様々なものをブレンドしたものだそうです。味噌ラーメンの野菜は別の鍋で炒めるの時間がかかる旨がメニューに書いてあります。昨日夜も味噌ラーメンでしたが、ブブにも引けを取らない力昨です。息子の醤油ラーメンのスープを飲みましたが、爽やかです喉ごしがいいです。

次回は「豆乳味噌ラーメン」に挑戦します。
20070826194828
今日は仕事が遅くなり、帰りが九時近くになりそうなので東海道線を降りて茅ヶ崎の評判店「BuBu」に行きました。夕方はかなり涼しさを実感できました。普段は昼食としてのラーメンですが、今日は「仕事帰りの一杯」も兼ねていました。茅ヶ崎駅至近での◎店は三つしか無く、そのどれも以前に一度行きました。あと二つは「吉佐」と「達」です。どこも評判通りでした。今日は「味噌」と「ブブフランク」を頼みました。夕食にビールとともに食べるラーメンはうまいっヾ(≧∇≦*)〃北海道ラーメンのテイスト溢れるお店で以前は「むつみ屋」だったらしいです。スープ札幌から直送だという味噌と豚骨が調和したまろやかな味です。チャーシューの食感も抜群でした。つまみの「ブブフランク」も野菜五目ポークソーセージといえばわかりやすいです。

他にも「ブブ1号」「ブブ2号」「醤油ラーメン」とまた来たくなるメニューが目白押しです。つけ麺を食べていた隣の叔父さんのなんと旨そうに食べること。酒も出す店でつまみも豊富す。で是が非でもリピーターになろうと決心しました。しめて1700円のリッチな夕食でした。

世界陸上が始まりましたね。17年前の東京大会が懐かしいです。男子マラソン日本の谷口選手の優勝や男子幅跳びの9mに迫るパウエル、ルイスの死闘は強く記憶に刻まれました。開幕前にパウエル、エミヤンの対決があり、年はとっても二人とも往年のフォームは当時のそのままで嬉しくなりました。

残念なのは為末選手の1/100秒差での予選落ちです。中学生の時から同世代では常にトップを走り続け、29歳になり大人のアスリートとして各方面でメディアを通して陸上競技の普及に取り組んできました。そして6月の日本選手権でも意地の優勝を果たし、「ストリート陸上」のイベントにも力を発揮しましまた。彼のように積極的に日本の陸上競技の行き先を示してきた選手はいませんでした。自分のことと、自分達に続く世代の若者たちのことに常に頭を巡らせ、更に実際にアイデアに富んだ行動に移してきました。来年のオリンピックまでまだまだやれると思います。不死鳥のように蘇って欲しいものです。

渋井も靴が脱げるというアクシデントに見回れました。午後10時スタートでも高温多湿の悪条件の中、ジョギングのような入りのペースにじれて先頭に出る場面もあり、積極性は高い評価がされていいと思いました。

今日の100m楽しみです。

20070823175315
今日はいつもの定食屋さんが臨時休業で、直近の少し高いのですが「ホンフートン」に行きました。数日前にも行っています。写真は「牛肉かけご飯」1030円です。これにスープと中国茶がつきますが安くはないです。本格的な中華料理屋さんです。

今日はやたら朝から忙しく、あっという間の1日でした。

20070823115402
昨日帰ってきた子どもの感想です。

「3日前に鴨川シーワールドに行って来ました。1日目の起きた時間は、5時30でした。(-.-)zzz」

感想になってないですね。よい体験だったようです。ユースホステル協会の主催の自然体験教室でした。運営はNPOの若い人達でした。担当してくれた学生スタッフはどうやら私の大学の後輩でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。