いへいた

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[いしとみ@小田原 酒匂]の続きを読む
スポンサーサイト
 職場至近、開店と同時に満席で直後には行列の人気店です。目の前の寸胴の大鍋では豚骨がぐつぐつと煮えたぎっています。どんぶりにはなにやら白い化調らし粉が投入されます。味の素でしょうか?

 こちらのお店の客はかなりの人が「ワンタンメン」を頼んでいます。私はワンタンが特に好きでも嫌いでもないので未食です。『ねぎ味噌チャーシューワンタンメン」は1200円です。いい値段ですが頼む人が後を断ちません。

 「味噌ラーメン:700円」をいただきました。麺は細縮れのぴろぴろです。やや茹で過ぎ直前ですが、歯ごたえはよく、口の中で麺自体の味わいがじわっと広がります。

 スープは味噌味は薄めで、ベースは醤油ダレが投入されています。豚骨と、鶏の風味、かつお系の風味もわずかにしますね。見た目ほど濃くなくて甘めの私の好きな味です。「小田原系」の醤油ラーメンの系譜のラーメンと位置づくでしょう。

 チャーシューが一枚と、ラッキーなことに端っこの塊の部分でした。ぱさぱさしていますが、ボリュームがあり美味しいです。ほかにモヤシ、メンマ、薬味葱、のり一枚。全体のボリュームもばっちりです。この人気はあながちではないですね。



20071217182747


 3回目になります。小田原の県道沿いの人気店です。暖簾がかかる前に到着しました。同じように開店を待つ人が数人いました。個性的なご夫婦で切り盛りされています。

 小田原系のラーメンです。器は小さく量がやや物足りないかな? かなりの割合で「ワンタン麺」を頼むお客さんが多いです。私は未食です。「味噌ネギラーメン」をいただきました。一昨日の「おやじ」と同じですね。

 スープはネギのタレと混ざり合い絶妙の味わいです。もともと甘目の出汁にピリ辛のネギが入り込み、その隙間を埋めるとでもいいましょうか、奥深いものになっています。

 そしてこのお店の独特の麺ですが、ピロピロ感がいいです。細く縮れていて、柔らか目の茹で具合ですがスープを非常に吸います。

 麺とスープと野菜を含めトッピングの具材が一体となって味わえます。後味もかなり残ります。夕方の今でも口の中に心地よく蘇ってきます。このあたりが人気の秘密なんでしょう。

会計時の女将さんの接客愛想が無いとこが玉に瑕かな?
20071001124228
明け方に小田原が震源地の大きな地震があり、職場に駆けつけました。月曜日で休所日なんですが元々害虫駆除作業立ち会いのために出勤の日でした。「がちや」という気になっていたお店にたどり着いたのですが、一週間前に閉店、廃業との張り紙がありました。厳しい現実ですね。

こちらは二回目になります。地元の人気店です。昼前にもう満席になりました。あとには数人並んでいます。広い厨房ではご夫婦が忙しそうにラーメンを作られています。
「味噌ラーメン」を頂きました。出汁は小田原特有の豚ガラです。味噌味は適度な濃さで諄くなく、麺は細縮れで固めの茹で具合でよい食感です。チャーシューは油が少なく歯ごたえのあるものが二枚。

麺、スープ、具材がバランスよくコーディネートされ完成された安定した味わいです。交通の不便でわかりにくいところにあるのに、人気があるのも頷けます。あとから入ってきた人達がほとんど「ワンタン麺」を注文していました。次回挑戦します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。