いへいた

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ラァメン家 69'N'ROLL ONE@町田駅]の続きを読む
スポンサーサイト


[ラァメン家 69'N'ROLL ONE@町田駅]の続きを読む



[ラァメン家 69’N’ ROLL ONE@町田駅]の続きを読む



 マスコミ頻出の人気店です。相模原市の上鶴間本町というところにあります。かくいう私かなり前に上鶴間に住んでいた頃がありまして、このお店の前は高校生のときに自転車でよく通りました。てか、友達の家のすぐ近くだし。

 気合いの入ってお店です。マスターは「キリン食堂」にいた嶋崎さんです。知り合いが「キリン食堂」で働いていたこともあり、彼のことも鮮明に覚えています。真っ赤なシャツにバリバリのリーゼントが決まっています。何がってパンチのようなその湯切りに気合いが象徴されています。

 駐車場は三台店の裏にあります。幸い待ちましたが入れました。店の前では行列整理のお兄さんが丁寧に案内をしてくれます。中は巨大なギターが天井から吊してあり、ロックンロールな雰囲気満点です。

 いただいたのは『2号チャーシューラーメン』です。醤油ラーメンですね。出汁には今話題の秋田の比内地鶏が使われています。

 店構えや店主の風貌には似つかず、このスープが非常に上品です。ほのかな鶏の出汁以外にも加えられている、様々な風味がジワジワと舌の上に転がり込んできます。

 そして更に秀逸なのは麺です。丁寧な湯切りの効果で、麺一本一本がしっかりと束ねられ一丸となりスープを吸い上げます。そしてこの麺とスープのコラボレーションが作り出すのは上質なソーメンをすすり上げるような感覚です。

 チャーシューは比内地鶏の薄いスライスと豚バラの塊の二種類で、どちらも歯ごたえと味の濃さが絶妙です。950円という値段以上のコストパフォーマンスです。何よりオートマチックともいえるほどの店主のラーメン作りに対する安定した動きがこのお店の魅力です。

 キリン食堂のテイストも十分に受け継いでいます。それと「写真撮っていいですか?」と聞いたら「どうぞ」って意外に優しく言われました。お人柄は穏やかな方です。ただし、写真をパシャパシャやれる雰囲気ではありませんでした。

ちなみに↓見つけました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。