「いへいた」ブログの『夢の後先』

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[麺屋 吉佐@茅ヶ崎]の続きを読む
スポンサーサイト


[松壱家@茅ヶ崎]の続きを読む


[松壱家@茅ヶ崎駅]の続きを読む


 
[松壱家@茅ヶ崎]の続きを読む

[吉佐@茅ヶ崎]の続きを読む

[福寿@茅ヶ崎]の続きを読む
20071130182908


夕食外食可能日です。
(o`∀´o)

 茅ヶ崎駅のホームから派手な看板が見えるので気になっていたお店です。改札出て一分、ほぼプラットフォームに隣接した場所にあります。内装は綺麗とはいえません。店内には多量のメニューの張り紙があります。学生対象に百円引きの学割を設けていたり、各ラーメンに塩、醤油、味噌があります。チャーシューの種類もバラかロースの指定ができます。

 メインのラーメンは背油の入った「こってり金太郎ラーメン」ですが、今日は「モヤシラーメン、小」をいただきました。全てのラーメンに「小」があり、女性客への配慮があります。スープはさっぱりとした後味のいい風味がします。出汁が何なんだかわからなかったので店主に聞いてみました。

 「豚骨ではない。」ということでした。何でも、素人からラーメン作りを始めてそのスープを専門家に見てもらったらそう言われたそうです。魚、野菜、鰹節などの混ざった風味がします。コクはあまり無いですがさっぱりとしていて美味しいです。

麺は中太で縮れていて、解れにくいですが食感は悪くはないです。チャーシューは脂が多いですが二枚あり嬉しいですね。

 ホームページがあります。
http://www.kintaro-ramen.com/
 なかなか凄いですね。

 「湘南ポーク」の餃子やチャーシューの販売を通販でもやっています。なかなかの商売人なんでしょう。

20071124184108


 夕食外食可能日です。茅ヶ崎南口に降り立ちBUBUにしようか迷いましたが、30M程至近のこちらのお店に初めて来ました。

 商店街の路地の途中にあるカウンターだけの小さなお店です。夜だけの営業です。店の暖簾、カウンター、壁にかかるメニューの札、店員さんのTシャツまでが全部黄色です。

 マスターとお客さん方は、常連さんのようで会話が弾んでいます。ラジオからAM放送が大音響で流れています。地域に根差した中華料理店です。
 
 「ネギチャーシュー麺:930円」と大瓶のモルツビールを頂きました。麺は極細で柔らか目の茹で具合です。スープは魚介系の甘辛い風味のもので美味しいです。

 チャーシューが大きいのが四枚。これも甘めの味付けがしてあり美味しいのですが、脂が多いです。寒い時期に脂は体が欲しますが、もう少し肉の部分が欲しいですね。

白ネギはモヤシに紛れていて、あまり存在を感じませんでした。

 とにかく隣のお客さんが食べていたチャーハンがまことに美味しそうでした。ラーメンを食べるのか、割り切って中華料理に舌づつみ打つのか悩ましい夜でした。

帰りの車中で「一瞬の風になれ」三巻をこれから読みます。

20071115183852

 木曜日は子供の空手で、妻も習い事ということで、急に夕食が外食になり茅ヶ崎で既訪の評判店に行きました。「きちざ」と読みます。北口の駅ビルの一角にあり、入り口はわかりにくいです。夜の部開店直前に着きました。なかなか開けてくれませんでした。

 以前来たときはご夫婦で切り盛りされていた気がしましたが、今日は違いました。接客は丁寧です。カウンターだけの小さなお店ですが、有線ではJ-POPがかかり、雰囲気は好みです。

 ビールと「全部のせ塩ラーメン」を頂きました。「吉佐の生ビールが美味しい理由」とキリンビールの張り紙があります。グラスビールは心なしかうまいです。

 麺は家系っぽい中太ストレートで、もちもちしてます。スープは豚骨と魚介のダブルスープです。魚介の風味が強めに出ています。

 後半は柚のスライスがスープの底から現れます。先週の「鐙」と同じですね。トッピング全部とは味玉とチャーシューです。これに白ネギ、水菜です。

 チャーシューは一枚100円換算になるような手の混んだ作りです。一枚一枚炙られて乗せられます。風味が閉じ込めてあって旨味をしっかりと感じることができます。

 ただし全体的に麺が少なく、量的にやや物足りないです。旨いのですが、もう少し満腹感も欲しかったですね。

20071108191826


 駅からそれなりに歩くお店ですが地図を頼りに辿りつけました。南口から「雄三通り」という道路を南下していきます。この通り、「雄三」って由来は「グッチ?・・・」、まさかね。あ、加山さんか。(汗)
なんか凄くこ洒落た街並みです。理髪店、カフェ、動物病院、ネイルショップなどそれぞれが個性的な佇まいです。さらに格闘家、小川直也の「小川道場」まであります。「住みてぇ」と思わず独り言。

(*゜▽゜*)

しばらくして大きな道路を右折した街道沿いにお店はあります。行列店なんでしょう、店の前にはベンチが。中は落ち着いた雰囲気で、なんと女性が多いこと。御年配の母娘さん、とても小さい子を連れた若い母親、純粋な家族連れなどお店の懐の大きさを物語ります。
 
 メニューは凄く豊富で迷います。「醤油」「塩」「味噌」それぞれに食材にこだわった蘊蓄が記され、ひとつひとつ丁寧に作られています。「唐神味噌ラーメン」を頂きました。
数種類のスパイスに信州味噌をブレンドしたこってりスープです。一口で「あぁ、旨い」
(*゜▽゜*)

です。

 辛目のテイストながら様々な風味が口の中に溢れます。ベースは醤油ラーメン同様、豚骨・魚介ダブルスープでしょうか?トッピングも九条ネギ、白髪ネギ、メンマ、モヤシ、ニンジンとバラエティーに富みます。チャーシューは一枚だけですが、これがまた上品です。一枚では物足りないですね。

 そして最後にスープの下からおもむろに現れるのが「柚」です。これがこのラーメンの味の下支えをしていたのです。いやはやこれだけ楽しめるラーメンは初めてですね。期待通りです。人気があるのが頷けますね。

 話は変わりまして、平日の休みの日に子供の帰宅を迎える三時からテレビの再放送の「電車男」に見入ってしまいました。

 毎回は見れないので、一昨年ブックオフで買いまして読破しました。自称「読書家」の私も久しぶりにあっという間に読み切りました。「一瞬の風になれ」以来でしょう。

 今更ですがこの本が100万部も売れたのは、いつの時代にも、誰の心にもある「誰かに支えられ、人は前に進んでいける」という確信が心を打ったのでしょう。

 それと単純に「2ちゃん文化」が面白いというのも、私もわかります。ひとつ違えれば私も「2ちゃんねらぁー」だったかも知れません。

(汗)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。