「いへいた」ブログの『夢の後先』

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 店内、お昼前で私のあとに入ってきたお客さんで満員です。和やかな雰囲気の中いただきました。大晦日は「悪魔」の日らしいです。



 『和風醤油つけ麺平打ち麺』をいただきました。

 麺は平打ちで締めがきっちりされています。水滴ほぼゼロ。つけダレとの絡みが抜群です。モチモチして歯ごたえでコシががあり、これは旨い。いつもの細麺とはまた違った個性的な麺です。1.5玉で量も十分です。



 つけダレは醤油の旨味がガツンときます。鶏出汁でしょうか、動物系の出汁が豊かに口の中に広がります。細切りチャーシューとネギが麺と絡んで旨い。



 スープ割をいただき、おなかいっぱい
スポンサーサイト


[元祖一条流総本家分家がんこ@相模原 宮下]の続きを読む


[がんこ@相模原 宮下]の続きを読む


[がんこ@相模原 宮下]の続きを読む


[元祖一条流総本家分家がんこ@相模原 宮下]の続きを読む


[元祖一条流総本家分家がんこ@相模原 宮下]の続きを読む


様々な噂で「れんげが無い」「メール含め携帯禁止」「マスターが怖い」とありましたが、全くそんなとこありませんでした。「無駄撮影禁止」とありましたので、「撮っていいですか」と言い出す勇気は湧きませんでした。帰りに店の外観だけを撮ってきました。骨が吊してあるのが開店の標なのです。

大将は「髭の逆さ親父」みたいな風貌でしたが、帰りに器をカウンターに上げたら「助かりまぁす」て言ってくれましたし、奥さんらしき方は偉い丁寧な対応で、帰りの支払いを細かい額で済ませたところ、またもや「助かりまぁす」でした。奥さんの趣味でしょうかお勘定場にはKittyちゃんgoodsが並べられています。

メニューは張り出してあるものだけだと思っていたらつけ麺、カレーつけ麺を頼んで居る人がいました。客が食べれるものを知るには常連さんにならなければいけないかなとヾ(≧∇≦*)〃

食べたのは「醤油ラーメン」です。メンマ、チャーシュー一枚、刻みネギだけのシンプルなものですが、さすがの拘りです。魚介系の風味を感じ少ししょっぱいのですが、爽やかな舌触りです。麺は細縮れでやたらと黄色いです。歯ごたえがあり、ゆで具合は絶妙です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。